さくらレンタルサーバーの無料SSLがスタートしていたので各サイトのSSL化の手順をメモ

さくらレンタルサーバーの「Let’s Encrypt」で無料のSSL設定をした手順

WordPressを利用していたので、ワンタッチでは行かないです。

またさくらレンタルの用意してくれているプラグインを利用する方法もあるようなんですが、あまり環境に依存するプラグインを入れたく無かったので、
手動で諸々の処理をおこないました。

さくらレンタルでSSLに変更した際に行ったこと

  1. SSL申請・登録
  2. WP用DBのURLに関係する箇所を変更
  3. wp_config.phpの変更
  4. jqueryの読み込み元googleapiのURL
  5. .htaccessでリダイレクト301設定
  6. GoogleAnalyticsの再登録
  7. アフィリエイトの情報修正

1.SSL申請・登録

サーバーの管理画面から簡単にできます。15分くらいで設定も生きてきました。

細かい手順は下記、公式サイトを参考に。

▼公式サイト


【無料SSL】サーバコントロールパネルからの導入手順

2.WP用DBのURLに関係する箇所を変更

WPの引っ越しの際にも利用するDBのURLをSQLから文字列検索で書き換えます。

接頭辞を買えている場合は’wp_’の部分を書き換える必要があります。

UPDATE wp_options SET option_value =
REPLACE (option_value, "http://ドメイン名.com", "https://ドメイン名.com")
WHERE option_name = "home" OR option_name = "siteurl";

UPDATE wp_posts SET guid =
REPLACE (guid, "http://ドメイン名.com", "https://ドメイン名.com");

UPDATE wp_posts SET post_content =
REPLACE  (post_content, "http://ドメイン名.com", "https://ドメイン名.com");

UPDATE wp_posts SET post_content =
REPLACE (post_content, 'src="http://ドメイン名.com"', 'src="https://ドメイン名.com"');

UPDATE wp_posts SET  guid =
REPLACE (guid, "http://ドメイン名.com", "https://ドメイン名.com")
WHERE post_type = "attachment";

UPDATE wp_postmeta SET meta_value =
REPLACE (meta_value, "http://ドメイン名.com","https://ドメイン名.com");

3.wp_config.phpの変更

さくらのサーバー環境に対する設定の上書きをwp_config.phpのはじめに噛ませます。

if( isset($_SERVER['HTTP_X_SAKURA_FORWARDED_FOR']) ) {
    $_SERVER['HTTPS'] = 'on';
    $_ENV['HTTPS'] = 'on';
}

4.jqueryの読み込み元googleapiのURL

一旦見た目を確認したらjqueryの読み込み元がhttpに鳴っていたので動いていなかったです。

なのでこんな感じでhttpsに変更したら動きます。

<script type='text/javascript' src='http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.2.1/jquery.min.js?ver=4.8.1'></script>
 ↓
<script type='text/javascript' src='https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.2.1/jquery.min.js?ver=4.8.1'></script>

もしほかにもhttp://がソース上に残って無いかチェックがいりますね。

5. .htaccessでリダイレクト301設定

URLが変わるので検索結果がhttpで来たり、直うちでhttpでやってきた人をリダイレクト、検索順位も引き継げるようにステータスコード’301’とします。

これで順位が壊滅的に落ちることもないと思います。(変更した直後だけ少し不安定になるかも…)

wpのルートの.htaccessの最初に下記を追記しましょう。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP:X-Sakura-Forwarded-For} ^$
RewriteRule ^(.*)$ https://ドメイン名.jp/$1 [R=301,L]
</IfModule>

6.GoogleAnalyticsの再登録

忘れがちなのがアナリティクスなどのhttp://で登録しているサービスですね。

現在の上書きでは無く新規登録しました。

7.アフィリエイトの情報修正

上記と同じく登録情報を変更して、コードが生きているか確認しましょう。

あとアフィリエイトを貼っている場合それらがhttp://のイメージリンクになっていたりすると一部httpsに対応していないことになり注意文がURLにでてしまうのでこちらもチェックが必要ですね。

まとめ

以上です。

さくらレンタルサーバーの「Let’s Encrypt」無料のSSLは思ったよりも全然簡単ですけど、やはりこういう作業は面倒くさいですね。

でもWebの世界はこれから「https://」標準の動きが加速していくのでどこかではやらなきゃいけないとは思います。

一回終わらせたら終わりだし、やっと来ましょう。あと新規サイト立ち上げは絶対やっときましょう!(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク