【配列関数】よく使う配列に対する関数のまとめ

配列関数

配列に対して使用する関数の内、良く使うモノをまとめました。

count 配列に含まれる要素の数を取得
(第二引数で多次元配列の要素数にも対応)
参照
explode 文字列を特定の区切り文字で分割し配列を返す(分割のリミット数設定可) 参照
implode 配列を特定の区切り文字追加で文字列に結合 参照
array_merge 指定した配列要素を連結した結果を返す
(キーが重複した場合は上書き)
参照
array_merge_recursive キーが重複した際は入れ子の配列を生成する 参照
array_push 配列の末尾に要素を追加
(戻り値は追加後の要素数)
参照
array_pop 配列の末尾から要素を除去
(戻り値は除去した要素の値)
参照
array_unshift 配列の先頭に要素を追加
(戻り値は追加後の要素数)
参照
array_shift 配列の先頭から要素を除去
(戻り値は除去した要素の値)
参照
array_splice 配列の任意の場所に要素を追加、置き換え、削除する
※配列に直接変化を加える
参照
array_slice 配列の任意の要素を取得する
※配列に影響はない
参照
sort 通常配列の値を元に昇順
(キーは振り直し)
参照
rsort 通常配列の値を元に降順
(キーは振り直し)
参照
asort 連想配列の値を元に昇順
(キーは維持)
参照
arsort 連想配列の値を元に降順
(キーは維持)
参照
ksort 連想配列のキーを元に昇順
(キーは維持)
参照
krsort 連想配列のキーを元に降順
(キーは維持)
参照
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク